毛穴の開きを治す 化粧品

MENU

 

最近、昔に比べると毛穴が目立つようになった。

 

頬が少したるんできたような気がする、肌のハリが無くなってきた、うつぶせに寝ると床の模様がしばらく顔からとれない、鼻のあたまと小鼻の周辺に黒い角質がポツポツと、お風呂で洗顔やメイク落としした後に妙にカサカサしたりつっぱったりするようになった、挙げているときりがありませんが、これは全部お肌の水分不足、ハリの低下から来ているものです。

 

10代、20代の頃はそこまで肌ケアに気をつけなくても、肌のハリや弾力は保たれているのですが、30代、40代になってくると、肌本来の力が低下しハリがなくなり、毛穴やしわが目立つようになります。

 

これはもう肌の水分量、保水量が不足してハリが無くなっていることが最大の原因です。

 

アンニテンプスのEGバイタライジングマルチゲルは、保湿とハリの集中ケアが売りです。

 

乾燥毛穴は潤い不足!古い角質が残って角質肥厚になっています。

 

そのままにしておくと肌がさらに乾燥して堅くなり、毛穴が大きく深く見えるようになります。

 

それにたるみ毛穴はハリの低下が原因!
30代からハリを維持する成分が減少して、肌表面が重力に耐えられずにたるみが進行し、毛穴がつながってしまうのが目立つ原因です。

 

こうしたエイジング毛穴には肌内部への直接アプローチが有効なんです。

 

乾燥しやすい目元、口元には特に厳重な保湿ケアが大切です。

 

しかもEGバイタライジングマルチゲルなら、しっとりするのにべたつきません。

 

サラサラしっとりをキープします。

 

混合肌に悩む中、毛穴が目立つようになってきました

 

もともと肌トラブルは多めだったのですが、20代半ばからTゾーン・Uゾーンへのニキビの量が増えました。

 

また、治りが遅くなり、跡が目立つようになりました。

 

生理周期などにもよるかもしれませんが、ニキビのできない肌に生まれかわりたいです。

 

そのほか、毛穴の開きが目立つようになりました。

 

10代のころはそんなに気にならなかったのですが、急にファンデーションだけではカバーできなくなりました。

 

カバーできなくなってきたのは毛穴だけではなく目の下のクマなども同様です。

 

毛穴の開きを治す化粧品といえば、やっぱこれでしょ!

どうしてもカバー力のあるコンシーラやファンデーションを選び厚塗りしてしまうので、悪循環になっているのでしょうね。

 

分かっていてもやめられないのがつらいところです。

 

つるんとたまごのような肌にもどれるものなら戻りたいです。

 

ニキビについてはニキビケア用洗顔やs化粧水などの商品を選ぶようにしています。

 

今現在も自分にあうような商品を探しているところです。

 

乾燥しすぎず、保湿しすぎず、なかなか1つの商品に出会うのが難しいです。

 

ビタミンも多く摂取できるように心掛けています。

 

サプリに頼ることが多いですが、なかなか長続きできないのが自分に甘いところですね。

 

毛穴や目の下のクマなどは、カバー力の高いものを選ぶようにしています。

 

口コミサイトなどを多く活用しています。

 

運動もしたいのですが、どうも苦手なもので・・・。

 

運動すればやはり肌は変わってくるのでしょうかね?

 

以前仕事をしているときは睡眠時間が4時間ほどで食事時間も不規則だったため、さらにひどかったと思います。

 

今は休息期間中なので、お肌も少しは改善されればなと思っています。

 

更新履歴